千葉県流山市の歯科・矯正・インプラント・ホワイトニング

矯正歯科

不正咬合による心身への影響

悪い歯ならびを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。

  • 1. 食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。
  • 2. 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。
  • 3. 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
  • 4. 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。
  • 5. 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる。
  • 6. 構音機構に影響して、正しい発音がしにくくなる。
  • 7. 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動機能の低下を招きやすい。

不正咬合のいろいろ

叢生(そうせい)【乱ぐい歯・八重歯】

歯の生える場所が足りなく凹凸に生えたり、重なりあって生えている状態をいいます。

症例

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)【すき歯】

歯の間が開いていて、歯列にすき間ができている状態をいいます。

症例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)【出っ歯】

上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態をいいます。

症例

下顎前突(かがくぜんとつ)【受け口・反対咬合】

下の前歯が上の前歯より前に出ている状態をいいます。

症例